メニュー

畳の歴史 - 埼玉県行田市の畳店 畳工事一式や畳の販売なら「有限会社石川富男商店」へ

048-556-3633

048-554-6896

有限会社 石川富男商店 ISHIKAWA-TOMIO SHOUTEN

048-556-3633048-554-6896

畳の歴史

奈良時代(710~794年)

現存する畳の最も古いものは、奈良東大寺の正倉院にある聖武天皇が使用された「御床畳」(ごしょうのたたみ)と言うもので、木製の台の上に置かれた今でいうベッドのようなものとして使われたものである。

これは現在の畳と同じように真薦(まこも)を編んだ筵(むしろ)のようなものを5~6枚重ね、床として表にイ草のコモをかぶせて錦の縁をつけたものである。

この台を二つ並べてベッドとしていた。この時代では、現在の畳のようなはめ込むタイプではなく、敷物のような使い方をしていたようです。

平安時代(794~1192年)

平安時代に入って貴族の邸宅が寝殿造(しんでんづくり)の建築様式となると、板敷の間に座具や寝具などとして畳が所々に置かれるようになった。この置き畳として使われている様子は絵巻物等に描かれている。

そして使う人の位によって畳の厚さや縁についての規定があり、その種類によって使う人も決まっていたのである。

京都御所の清涼殿は寝殿造を今に伝える建物として知られているが、ここに使われている畳は平安時代の古い制度を残していて、「夜御殿」(よんのおとど)は天皇の寝室で、部屋の中央に繧繝縁の厚畳二枚を敷き、その上にさらに一枚置いて、そのまわりを大宋屏風で囲ってある。

「昼御座」(ひのござ)は繧繝縁の厚畳二枚を並べて敷き、上に御茵が置かれ、儀式のときだけ御座されたと言われています。

この当時に使われていた畳は、当社で販売している『置き畳』のようなものだと思います。

鎌倉時代(1192年~)

やがて鎌倉時代から室町時代にかけて書院造(しょいんづくり)が完成されると、部屋の周囲に畳を敷き、真ん中を残す使い方から、部屋全体に畳を敷きつめる使い方になった。

それまでの客をもてなす座具であった畳が、建物の床材になり始めていきます。

ここが今の畳の原型の始まりです。しかし、こうした贅沢な使い方が出来るのは貴族でも一部で、富の象徴であったようです。

室町時代(1392年~)

畳が貴族階級に普及し始めると、今度は畳縁の文様によって座る人の階級を規定したのである。それは「海人藻芥」(あまのもくず)(1420)に使用規定が記されています。

天皇は当時でも貴重な最高の織物である繧繝錦の繧繝縁が用いられ、又神仏の前に座る半畳にも繧繝縁が使われた。

ついで親王や大臣は大紋の高麗縁。公卿には小紋の高麗縁で、僧正や僧侶や四位、五位の人は紫縁。六位の侍、寺社を統領する三種の役僧は黄縁を使うように定められていた。

この頃になると布団と畳の役割が分かれ、小さな部屋割りになって、畳を敷きつめるようになる。

安土地桃山時代(1573~1603年)

安土地桃山時代へと移るにしたがい、書院造は茶道の発達によって本格的な格式ばったものではなく、茶室の工夫や手法を取り入れた数寄屋風の書院造になっていきました。

茶室建築から畳はやがて町人の家に引き継がれていき、畳が一般庶民のものとなったのは、江戸中期以降のことであり、農村においてはさらに遅く明治時代になってからである。

江戸時代(1603年~)

江戸時代になり、江戸幕府により「御畳奉行(おたたみぶぎょう)」という職名が作られるほど、畳は武家、特に将軍や大名にとっては重要なものになりました。

江戸城内の座敷や諸役所の畳を管理し、畳作りや畳表替などの役目を受け持ったとされています。

江戸時代の長屋では、畳は長屋を借りる店子が運び込んで使ったといわれており、大家が用意しておくものではありませんでした。それだけに畳の手入れをして長持ちさせる知恵を身につけていったのです。

それまで、い草は自然のものを用いたり、小規模に作られてはいましたが、岡山や広島などで本格的に栽培が始まり、江戸時代後半には畳職人という職業も確立されて庶民の住まいにも徐々に使用されていきました。

明治時代(1868年~)

畳の規制(柄など)が解かれて、一般社会に広く普及するのは、明治維新後になります。

畳干しをこまめにして、傷むのを防ぎ、表がやけたら裏返えしをして使うというこうした習慣は今でも続いています。

この時代には畳はいろいろな方面で使われることになり、客車の座席などにも使われていました。

昭和(1926年~)

明治時代の文明開化から数十年が経ち、経済の高度成長とともに生活様式も洋風化し、座る生活から椅子の生活に変わり、絨毯(じゅうたん)などが普及し始めましたが、住まいは畳の部屋が基本でした。

畳のいろいろな効果の中に断熱や遮音があります。古い時代のマンション、ビルなどではフローリングを利用すると数々の問題を引き起こし、ほとんどの居室は畳を使いこれらの能力を活用していました。

今でも埼玉県の公営住宅では、必ず和室が1室以上あります。しかし、昭和も後期に入ると、西洋ブームも相まって、フローリングが価格の安さと品質の向上と共に普及してきました。

平成

畳表生産のピーク5,500万畳より年々生産量が減少し、2010年では国産、中国に化学表を含めても1,300万畳分ほどになりました。その間、畳ワラ床制作やイ草生産のための農機具が次々と生産終了となっています。

畳店の数もピーク時2万軒前後から6,000軒程度になったといわれています。

近年では、琉球畳(ヘリなし畳)が若い世代を中心に人気を集め、当社では海外(フランス・アメリカなど)にも出荷をしております。

 

 

お電話でのお問い合わせ

048-556-3633

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ